鼻呼吸

〜初めに〜

 

口呼吸になっていませんか?

 

口呼吸はさまざまな病気の原因となります。

 

1.虫歯や歯周病になりやすくなる

2.口臭が強くなる

3.風邪を引きやすくなる

4.顔貌が悪くなる

5.酸素の取り込み量が減少する

 

コロナ対策でのマスクは、口呼吸を助長してしまうため注意が必要です。

 

 

〜口呼吸〜

 

以下の内容が1つでも当てはまる方は口呼吸かもしれません。

 

○口呼吸チェックリスト

1.いつも口が開いている

2.口を閉じると顎に梅干し状の膨らみとシワが出来る

3.下唇が腫れぼったいし突き出ている

4.左右の目の大きさが違う

5.目が腫れぼったく浮腫んでいる感じ

6.食べる時にクチャクチャ音を立てる

7.朝起きた時に喉がヒリヒリする

8.朝起きた時に口の中が乾いている

9.口の中がよく乾く

10.いびきや歯ぎしりをする

11.口臭が強い

12.激しいスポーツをしている

13.前歯が出っ歯気味

14.舌に歯型がついている

15.鼻血が良く出る

 

〜鼻呼吸〜

 

【鼻呼吸を手に入れたい方へ】

 

あいうべ体操とは、口呼吸を鼻呼吸に改善していく簡単な口の体操です。いつでもどこでも誰でもできる「あいうべ体操」は食後に10回、一日30回を目安に地道に続けると、舌力がついて自然を口を閉じることができるようになります。口呼吸の改善は、あらゆる病気の原因治療につながります。あいうべ体操をしっかり継続している人は、自然に鼻で呼吸ができるようになり、アレルギー性疾患等の症状が改善していくことがあります。

あいうべ体操のやり方は、次の4つの動作を順にくり返します。声は出しても出さなくてもかまいません。
(1)「あー」と口を大きく開く
(2)「いー」と口を大きく横に広げる
(3)「うー」と口を強く前に突き出す
(4)「ベー」と舌を突き出して下に伸ばす
(1)~(4)を1セットとし、1日30セットを目安に毎日続けます

執筆・監修
みらいクリニック院長
内科医 今井一彰 

 

〜終わりに〜

 

口呼吸を治すには時間がかかります。毎日意識することが一番の近道です。

 

あいうべ体操以外にも、舌を硬口蓋(上顎)に位置させることで口呼吸を防ぐことができます。

 

寝る際には、サージカルテープを口に貼るのも良いでしょう。

※100円ショップの物は肌が荒れてしまうことがあります。

 

気になる方は、ぜひ【姿整導】までご相談ください。