腱鞘炎

〜狭窄性腱鞘炎(ドケルバン病)とは?〜

 

 

36F67C9F-0093-4719-BDFD-0350D284E802.png

 

母指の使いすぎによる負荷のため腱鞘が肥厚したり、腱鞘を通過する腱と腱鞘が擦れ合い炎症が起こったりして、痛みなどの症状が現れます。腱鞘炎が進行すると【ばね指】と呼ばれる症状が出てきます。

 

※ばね指:指を伸ばそうとする際に引っ掛かりがある症状

 

○注意が必要な人

・スマートフォン•パソコンをよく使う人

・手を使うスポーツ選手

・妊娠•出産期の女性

・楽器の演奏をする人

 

 

自分で簡単にできるドケルバン病のチェック(アイヒホッフテスト)があります。

AC74520C-AF05-479F-A4F4-F204BE677F55.jpeg3B520FF9-513B-43AC-AAF5-3C2C5890DE5E.jpeg

1.親指を他の指で包むように軽く握る。

2.親指側を上にした状態から、ゆっくりと手を下の方に向け、下げる。

※この時に、伸ばされた手首に強い痛みがあれば、ドケルバン病が疑われます。

 

〇治療

安心してください!

やる事は1つだけです!

それは...

前腕(手首から肘まで)の筋肉を緩めるだけです。

「マッサージすればいいのね」と思った方、もう少しだけ話を聞いていただきたいです。

筋肉には繊維があり、マッサージをする方向で効果が変わってしまいます。

更に、強すぎる指圧は筋肉を傷つけ、「揉み返し」の原因となります。

当サロンでは、科学的に正しい方向•強さの整体で腱鞘炎の根本原因を取り除きます!

※効果には個人差があります。

 

ご予約はコチラ!

   ▼▼▼▼▼

【姿整導】限定★腱鞘炎改善30分整体コース

 

資料提供 公益社団法人 日本整形外科学会